眠れない女性のための睡眠改善情報サイトです

快眠に役立つTOPCS

コレができたらぐっすり眠れる!?眠気を呼び込む5つの法則とは?

 

布団に入っても、なかなか寝つけない。
こんな「寝つけないトラブル」を抱えている方は、意外と多いものです。

 

そこで、この問題を改善するために役立つのが、「眠気を呼び込む5つの法則」。

 

どんな条件が揃えば、人は眠くなるのか?
まず、その条件を知っておけば、その点に絞って対策を考えていくことができます。
ここでは、この「眠気を呼び込む5つの法則」について、ご紹介していきましょう。 続きを読む


「女性の眠り」に関する基礎知識

眠れないのは病気かも?病気かどうか確認する方法とは? 女性が眠れない原因@|「女性ホルモン」が原因?!睡眠を支配するホルモンの力
いま、日本人の5人に1人は、「眠り」に不満を持っているといわれています。もちろん、どんな人でも、「寝つけない」経験や、「何度も覚醒する」経験をしているものですが、その頻度が高いと、もはや病気レベルという場合があります。まずは、ご自身の「眠りの悩み度」をチェックしてみましょう。続きをよむ 『女性は、男性に比べて、「不眠」や「睡眠障害」になりやすい』といわれています。実は、その大きな原因は、「女性ホルモン」にあります。女性ホルモンといえば、女性にとっては、とても重要なものですが、それが、睡眠とどう関係しているのでしょうか?続きをよむ
「睡眠ホルモン」を作る食べ物を知っておこう! 休日の寝だめはムダ?!寝不足に効く「5分の居眠り」


さまざまな「睡眠トラブル」に関わっているのが、脳内で作られる「メラトニン」。通常なら夕方から徐々に分泌量が増え始め、就寝するころに充分な必要量に達して、スッと寝つかせてくれる働きがあります。続きを読む

 

 

 

実は休日の「寝だめ」には全く効果がない上に、かえって睡眠サイクルを乱す原因になりかねません。それなら、5分でも居眠りしたほうが寝不足には効果的!続きを読む

睡眠障害の症状いろいろ

睡眠障害の症状@「入眠障害」|「なかなか寝つけない」 睡眠障害の症状A|『早期覚醒』|「何度も目が覚める」


「なかなか寝つけない」「布団に入っても、眠るまでに何時間もかかる」。こんな悩みの症状は、「入眠障害」と呼ばれる睡眠障害です。「入眠障害」の原因として考えられるのは、どんな理由なのでしょうか? 続きをよむ


睡眠障害の中には、早朝に目が覚めて眠れなくなる「早朝覚醒」という症状があります。目覚ましが鳴ったわけでもないのに、朝の5時や6時ごろには、目が覚めてしまう。「早朝覚醒」は何が原因で起こるのでしょうか?続きをよむ

寝つけない女性のための豆知識

「眠れなくて困ってる」ときに試したい!5つの睡眠方法 困ったときに使いたい!「寝つきやすくなるアロマ」9選!


『なかなか眠れないときは、羊を数える』。これは、昔から伝わる有名な方法ですが、意外となかなか眠れないものですよね。そこでご紹介するのが、今すぐ試したい寝つける方法。続きをよむ


アロマオイルは、焚いた香りを吸うだけでも、眠りの効果があります。皮膚からも、有効成分を吸収するというから、驚き。「不眠に効く」アロマオイルを9つ・・・続きをよむ

「ストレス」が原因の不眠に効く!2つのツボとは? 「精神的な疲労」が原因の不眠に効く!2つのツボとは?

 


ストレスがたまって「イライラ」したり、「気分が落ち込む」と、なかなか寝つけなくなります。そんなときに役だつのが、「ストレスが原因の不眠に効くツボ」です。続きを読む

 

毎日、忙しくて疲れ果ててしまうと、精神的にも肉体的にも疲労が蓄積します。こうなると、眠れないばかりか、朝になっても疲れがとれない状態に。そんなときに効果があるのが、ここでご紹介する2つのツボです。続きを読む

Sponsored Link

TOP 眠りの基礎知識 眠れない症状いろいろ 不眠に効く食べ物 不眠に効くツボ 睡眠の豆知識