眠れなくて困ったときに使いたい!「寝つきやすくなるアロマ」9選!

眠れなくて困ったときに使いたい!「寝つきやすくなるアロマ」9選!

アロマテラピーは、リラクゼーションの一種のようなイメージですが、実は由緒正しい医療法でもあります。

 

その歴史は古く、ヨーロッパでさまざまな疾患の治療に使われてきたとか。「西洋の漢方」といわれる由縁も、そこにあります。

 

精油成分は鼻や皮膚から吸収できる!

 

アロマオイルは、焚いた香りを吸うだけでも、効果があります。皮膚からも、有効成分を吸収するというから、驚きですね。とくに、ストレスやメンタルから来る疾患に、効果を発揮します。

 

「眠れない」という症状にも、アロマはとっても効果的!ここでは、とくに、「不眠に効く」アロマオイルを9つご紹介しましょう。


眠れないときに試したい!おすすめアロマ9選

イランイラン⇒「緊張をときほぐし、気持ちをリラックスさせる」

 

アロマ初心者でもなじみやすい甘い香りが特徴です。神経の緊張を解きほぐし、ストレスからくる不安を解消してくれます。

 

 

GAIA エッセンシャルオイル イランイラン・エクストラ
amazonクチコミ★★★★☆

以下クチコミより引用
・リラックスさせるときには、とっても良いです。人そろぞれに匂いには好みがありますが、私には合っています。
・甘い中にスパイシーな香りが見え隠れする、スコールの後に強烈な陽射しを浴びた花園をイメージしました。好き嫌いが分かれそうですが、柑橘系がどうも苦手な自分にはリラックスできる香りでした。

 

カモミール⇒「鎮静作用。ストレスや怒りをやわらげる」

 

フルーティな香りで、安眠効果が高いオイルです。ストレスからくる不眠にとくにおすすめ。神経の高ぶりを鎮静化させてくれます。

 


カモミールローマン 3% 5ml [3%希釈オイル
amazonクチコミ★★★★★

以下amasonクチコミより引用
・匂いは強いですが、なれるといい感じです。毎日使ってます。寝る前に。
・カモミールは高価な精油だが、3%希釈で手軽にその香りを楽しむことが出来て有りがたい。単独で楽しむ分にはよく香り問題は無いが他の精油と組み合わせて使用すると香りが埋もれてしまいあまり分からなくなる。そこは、注意が必要だ。

 

サンダルウッド⇒「神経の高ぶりを抑え、心を落ち着かせる」

 

サンダルウッドは、「白檀」の西洋名。日本では、古くからお香に使われているので、日本人にはなじみやすい香りです。瞑想する際にもよく使われる香りで、心を落ち着かせる効果があります。
※心の深層を見つめるのに適した香りです。うつ病から不眠になっている方は、かえって気持ちが落ち込むことがありますので、おすすめできません。

 

 

ブルーラベル アロマエッセンス8ml サンダルウッド
amazonクチコミ★★★★☆

以下amazonクチコミより引用
・香りがなんとも言えない。寝る時にたくアロマはいつもこの商品です。気分が落ち着きます。
・内容量にエタノール、精製水とありますので、通常のアロマオイルより薄い(粘度は低め)と思われましたが、逆に、サンダルウッドのオイルが安価で手軽に購入・利用出来て良いです。自己責任で首から肩甲骨、背中回りに直接塗布した所、げっぷが直ぐに出て、酷い凝りがとても緩くなったので、邪気抜きに確実に効果があります。価格的に日常使いの出来る良いサンダルウッドオイルが見つかり、メーカーさんに感謝です。

 

シダ―ウッド⇒「不安、緊張感の緩和、鎮静作用」

 

甘いウッディーな香りで、紀元前からご神木として使われてきた木から摂れるオイルです。不安や緊張をやわらげ、心を落ち着かせる効果があるほか、気力が落ちているときにも効果があります。

 

シダーウッドバージニアン 10ml [精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル][日本アロマ環境協会表示基準適合認定精油]

amazonクチコミ評価★★★★☆
以下amazonクチコミより引用
・シダーの香りは色々な用途に使用できるのでこの大容量が助かります。ものすごくシダー風の香りではなかったです。香り自体はやや薄目かな。

 

ネロリ⇒「たまったストレスをやわらげ、心を落ち着かせてくれる」

 

柑橘系のオレンジの香りが爽やかなオイルです。仕事や家庭のストレスがたまりがちな方や、心にダメージをかかえたまま修復できないときにかぐと、心が落ち着きます。

 

a.roma(アロマ) ネロリ5ml 精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル100% ピュア エッセンシャルオイル ピュア&ナチュラル

amazonクチコミ評価
★★★★☆
以下amazonクチコミより引用
・自律神経調整作用(ストレス発散・精神安定など)があるとのことで購入。ビターオレンジの香りは強く、ティシューに2滴ほど垂らして〜2日間位は、6畳の部屋がほんのりネロリの香りで満たされました。経過とともに、甘いフローラル系の残り香へ変化し、半月〜一か月近く経ってもそのティシューに近寄ると、まだ甘い香りがします。同じオレンジ系のスウィートオレンジやベルガモットと比べると、物凄い存在感です。夜は、パソコン作業などで神経が高ぶっている事が多いので、就寝1時間位前から超音波ディフューザーでアロマ浴(ラベンダー数滴とネロリ1滴)・・・おかげで、睡眠導入剤なしでぐっすり眠れるようになってきました。ディフューザーでのアロマ浴は、棚の上など高い位置から(蒸気が下へ流れるから)降りかかるようにしたほうが効果的らしいですね。

 

ベンゾイン⇒「孤独感や喪失感をなぐさめ、心を穏やかにする」

 

バニラに似た、甘い香りが特徴。神経の高ぶりを抑え、不安感や喪失感などの心のダメージから不眠になっているときに、効果があります。

 


GAIA エッセンシャルオイル ベンゾイン
amazon評価★★★★☆
以下amazonクチコミより引用
・ベンゾインなるものを初めて嗅ぎました。本当バニラ、甘い香りです。これだけだとまったりしすぎくどそうなので、隠し味としてベルガモットやオレンジ、レモンなどといっしょに使っています。心なしか香りに奥行きが出ます。ちなみに茶色で固まりやすいオイルなので、色移りするものには要注意です。

 

マジョラムスイート⇒「自律神経を整え、副交感神経を働かせる」

 

少しスパイシーなあたたみのある香りです。自律神経を整え、眠りにつく際に絶対に必要な「副交感神経」の働きを強めるオイルです。

 


GAIA エッセンシャルオイル マジョラム
amazonクチコミ★★★★☆
以下、amazonクチコミより引用
・ガイアの商品が好きで、よく使用しています。 こちらのマジョラムはすこしレモングラスのようなつんとした香りがします。 単品より、甘い香りと混ぜてもいいですね。ディフューザーに入れて拡散したらいい感じ。 肌にも刺激が少ないので、時々ボディにもマッサージオイルに混ぜて使用しています。

 

ラベンダー⇒「自律神経のバランスを整え、安眠に導く」

 

アロマオイルの中でも、万人に好まれる定番人気の「ラベンダー」。フローラルなやさしい香りが、心を落ち着かせ、リラックスした状態に導いてくれます。自律神経を整える働きがあり、「安眠効果」があることで、有名です。

 


生活の木 C ラベンダー フランス産 エッセンシャルオイル

amazonクチコミ★★★★☆
以下amazonクチコミより引用
・今まで、ラベンダーはあまり好きではなくてどうしてリラックス効果を謳っているのか理解できなかったのですが…これは違った!初めて良い香りと思えたラベンダーオイルでした。中々熟睡出来なかった時、試しに枕元に数滴たらしたところビックリするくらい熟睡出来ました。生活の木の精油は好みのものが多いのですが、こちらは私にとっては最高にお気に入りの一品です。
・ラベンダーフレグランスがとにかく好きで、この度は3種(※フランス産,タスマニア産,ブルガリア産)から何れを頂こうかと思案のところ 結局はフランス製のこちらに決定♪ (※3ml×3種をと思ったのですが、それだと随分割高となる為 1種ずつ確実に)生活の木 ラベンダーフレグランス(※フランス産)は、おそらく 日本人が「ラベンダー」と聞いた際に その香りを知っている人にとって、もっとも実経験orイメージから外れない 性質/強さのフレグランスでしょう。

 

メリッサ(レモンバーム)⇒「感情のバランスを整え、落ち込みから浮上させる」

 

爽やかなレモンの香りが、ストレスをやわらげてくれます。とくに、感情のバランスが乱れて、落ち込みが強いときに、おすすめです。

 


a.roma(アロマ) メリッサ(レモンバーム)3ml 精油/
amazonクチコミ★★★★☆
以下amazonクチコミより引用
・アロマオイルは、カリス成城、生活の木、無印良品などから購入していますが、このメリッサだけは、”アロマ”さんのが一番きにいっています。強過ぎず、爽やかな自然な香りが大好きです。特に夏場には、フェイスタオルに数滴垂らして持ち歩いていますが、汗を拭いたり手を洗った後などに、爽やかな香りがしてリフレッシュに最高です。毎回、商品と共に、親切丁寧なコメントと小さなサンプルを同封してくださるので、「また、買って良かった。」と感じさせてくれます。無くなったら、また再購入します。

 

 

眠る前の「アロマオイル」の使い方

デフューザーがなくても活用できる!

 

アロマといえば、ロウソクや専用電気機器で「焚く」のが一般的ですが、ほかの方法でもトライできます。

 

例えば、部屋に、アロマをスプレーにする方法。スプレー用のオイルの作り方は、エタノール5mlに、精油を10滴〜20滴、ミネラルウオーターを45ml加えて作ります。

 

エタノールを使うのは、精油を混ぜやすくするため。水にそのまま精油を入れても、水の表面に浮かんでしまいますから、エタノールを使います。これを、スプレー式の容器に入れると、完成します。 

 

また、お湯を張ったコップに、精油を2〜3滴落としてベッドサイドに置いたり、ティッシュにオイルをふくませて、枕元に置いても効果があります。枕に、そのまま数滴たらしてもOK。やりやすい方法で、オイル安眠にトライしましょう。


Sponsored Link

関連ページ

「今!眠れなくて困ってる」今すぐ試したい!5つの睡眠方法とは?
普段は眠れるのに、なぜか今日に限って眠れない…。とにかく今、眠れなくて困っている!という方のために、ぜひ試してみてほしい5つのアイデアをご紹介します。まさにいま困っている方は、ぜひトライしてみましょう。
「眠れない」のはコレが原因かも!寝つきが悪くなる9つのNG習慣とは?
「毎日ではないにしても、眠れなくなる日が週に数回あるという方は、普段の生活習慣を少し改善すると、症状が改善しやすくなります。 ここでは、寝つきにくくなってしまうNG習慣をご紹介してきましょう。
眠れないときどうしてる?「眠くなるまで寝ない」方がいい理由とは?
寝ようとしても、なかなか眠れないとき。 気ばかり焦って、余計に眠れないことってありませんか? そんなときは、いったん寝床から出て、眠くなるまで待つのも手。 1時間、2時間と、眠れないまま寝床にいるよりも、そうする方が、結果的に寝つきやすくなります。寝床にいるよりも、いったん起きたほうが良いのは、なぜなのでしょうか?
「眠りやすくなる寝室」ってどんなの?|「照明×室温&湿度×音」がポイント!
寝つきやすくなるためには、寝る環境もとても大切です。 実際に、寝室環境を整えるだけで、不眠の割合をグッと減らすことも、夢ではありません。 眠りやすくなる部屋のキーワードは、「照明」「室温」「湿度」「音」の4つ。理想的な寝室環境について、詳しくご紹介していきましょう。
「夜の運動」は眠りを引き出す!?眠れない女性におすすめの快眠対策とは?
「ダイエットのために運動する」という話はよく聴きます、「眠るために運動している」という話はあまり聞いたことがないですよね。でも、「眠る」ための手段としての「運動」は、実は、とっても効果的。 運動している人の方が、不眠に悩まされる割合は、格段に少ないのです。では、運動すると、どうして眠りやすくなるのでしょうか?詳しく解説していきましょう。
夜中の食事は今すぐストップ!寝つきの悪さは、寝る前の食事も原因に!
残業で帰りが遅くなったり、夜中にお腹がすいて、ついつい何かを食べてしまったり。 実は、こういう食事が寝つきの悪さや、中途覚醒の原因になったりします。 夜、食べると、なぜ眠れなくなってしまうのでしょうか? 詳しく解説していきましょう。
寝つきの悪さは靴下も原因?!夜、裸足で寝るべき理由とは?
ふだんは裸足で寝ている人でも、足が冷えると、靴下をはいて寝てしまっていませんか? 実は、この靴下が「寝つけない」原因になっている可能性があります。 「靴下をはいてるだけで、寝つけなくなるの?」と不思議に思う方もいらしゃるかもしれませんが、実はこれがとても重要! その理由について、詳しく解説していきましょう。
頭の温度を下げると眠りやすくなる?!考えごとで眠れない時の解決法
寝つきをよくするためには、自然に深部体温が下がる体温調整が必要です。 眠る数時間前に、入浴するのがおすすめなのも、いったん上がった体温が下がる機能が働くため。でも、この方法をとっても、ベッドに入ると色々なことが頭に浮かんで、全く眠れなくなることもよくある話です。 そんなときにおすすめなのが、頭の温度を下げること。 なぜ、頭の温度を下げると眠りやすくなるのでしょうか?ここでは、そのメカニズムをご紹介しましょう。
女性の不眠解決法|カンタン!寝つきを改善する「ペン転がしマッサージ」
眠れなくて困ったときに試したいのが、「ペン転がしマッサージ」。 方法は、カンタン!ペンを手の甲の上で転がすだけ。眠れなくて悶々しいているときに、カンタン手軽にお試しできるマッサージ法です。 なぜこの方法が、寝付きやすくなるのでしょうか? 詳しく、ご紹介していきましょう。
女性の不眠解決法|寝つけない女性におすすめの「消灯アロマ入浴法」とは?
スッと寝つけて、ぐっすり眠るために効果があるのは、自律神経を整えることです。 その自律神経を整えて、快眠する方法として代表的なのが、次の3つです。 @部屋は薄暗くする Aアロマを焚く B眠る少し前に、ぬるめのお風呂に入る いずれも自律神経を整えて、眠りに必要な副交感神経を優位にする方法ですが、この3つの方法を組み合わせるともっと効果的なのだとか。 その方法が「消灯アロマ入浴法」。その手順を、詳しくご紹介しましょう。
女性の不眠解決法|「アルファ波が出る音」でスッと寝つく方法
「眠りにつくときに、心地よい音楽を流すとスッと眠れた」という経験はありませんか?実は、耳から入る「音」と」「脳」には深い関係があります。 世の中には、まざまな音があふれていますが、耳に入ると「心地よさ」や「リラックス感」を感じさせる音があります。 それが、「1/fのゆらぎ」と呼ばれる音。 規則正しい音と不規則な音が、絶妙なバランスで調和している音のこと。ここでは、このアルファ波を引き出す音を聴いて入眠する方法について、詳しくご紹介していきましょう。
寝つけないのは「前脳」の使い過ぎ?日中の単純作業が寝つきを良くする理由
脳の左右については意外とよく知られていますが、脳には「前後」でも役割が違っています。しかも、「寝つき」と深い関係があるのも、この前後の脳なのです。 このお話が解説されているのが、「あなたの人生を変える睡眠の法則」(菅原洋平著/自由国民社刊)という書籍です。 あまり広くは知られていない「前後の脳の働き」と「寝つきのよさ」にはどんな関係があるのでしょうか? 詳しく、解説していきましょう。
30分で効果がでる?!メラトニンと似た「レタス成分」で快眠する方法
レタスに含まれているのは、「ラクッコピコリン」という有効成分。 実は、これが「メラトニン」と同じような働きをします。 「メラトニン」は、眠るために必要不可欠のホルモンですから、不眠で困っている方は、まさにこれが不足している状態。普通なら、夜になると自然に分泌されるホルモンですが、不規則な生活やストレスが多いとうまく分泌できなくなります。 そんなときは、レタスから「ラクッコピコリン」を補充すれば、うまく入眠しやすくなるというわけです。
「眠れない不安」が不眠の元凶に?体ほぐして眠りに導く「筋弛緩法」
「眠らなきゃ」と思えば思うほど、どんどん目がさえてします。 すると、「余計に眠れなくなってしまった!」という経験、ありませんか? これは、「眠れない」=「明日が大変!」という思考回路が、いつのまにか、脳と体を「緊張状態」にしてしまうことが原因です。これを解きほぐすには、脳と体の緊張状態を緩めるしかありません。 ここでは、緊張を解きほぐす「筋弛緩法」の活用方法をご紹介していきましょう。
寝つき改善には「なつめ」が効く!?漢方で処方される「なつめ」の効能とは?
古くから、滋養強壮に効く果物として重宝されている「なつめ」。 漢方では、寝つきの悪い人に処方される果物としても有名です。 この「なつめ」には、どんな効能があるのでしょうか? 詳しく解説していきましょう。
寝つけないときに試したい!「安眠効果」のある4つの飲み物
寝る前にカフェインや過度のアルコールはNG。 これは、良く知られていることですが、こういった飲み物とは別に、「寝つき改善」に効果があり、安眠しやすくなる飲み物もあります。 ここでは、うまく寝つけなくて苦労しているときに、試したいおすすめ飲み物について、詳しくご紹介しましょう。
眠れないときに試したい!「寝たまま腹式呼吸」で自律神経を整える方法
寝つけない人は、「交感神経」が優位な状態です。このままだと、頭は興奮状態のまま。なかなか寝付けなくなってしまいます。この自律神経の乱れを整えるには、予想以上に「腹式呼吸」が役立ちます。 ここでは、眠れないときに試したい「寝たまま腹式呼吸」の活用方法について、いろいろご紹介していきましょう。
睡眠トラブルを緩和する?!快眠できる成分「清酒酵母」がすごい理由
TBSで毎週日曜日に放送されている番組、「夢の扉」。12月27日(2015年)に放送分で、『睡眠をコントロールする物質の研究』をしている裏出良博教授(つくば大学)が紹介されていました。 その中で紹介されていたのが、新たに発見された「快眠物質」。 しかも、日本人に馴染み深い食品に、その物質が多く含まれているというのです。 その物質とは何なのでしょうか? 要約をご紹介していきましょう。
眠れないときに試したい!不眠解消に役立つ「ヨガのポーズ4選」
ヨガは、単なるエクササイズというより、無意識のうちに「心や体」に働きかける力があります。 とくに、自律神経に作用する力が強く、精神的なものが原因で起こる症状に効果を発揮します。不眠解消も、この力を借りれば、それほど難しくはありません。 ここでは、不眠に効くヨガの効能とおすすめのポージングを4つ、ご紹介していきましょう。
不眠症だった医師が考案した!7分で眠れる?!「安眠マッサージ」法
ストレスが多い仕事をしている人は、不眠の悩みを抱えやすいもの。 そんな職業のひとつ。お医者さんも、不眠問題を抱えている人は少なくないようです。 ここで、ご紹介するのは、そんな不眠の悩みを抱えたお医者さんが考案した安眠法です。 その内容は、意外にも超簡単! ストレスが原因で、30年間も不眠がちだった症状が、「睡眠薬を使わずに眠れるようになった」というから驚きです。早速、その安眠法をご紹介していきましょう。
「寝ながら禅」で不眠解消?!自律神経を整える「座禅のチカラ」
実は、「座禅」には、自律神経を整える効果があり、とくに、心を落ち着かせる「副交感神経の働きを活性化」する作用があります。 「寝つけない」、「途中で目が覚める」という不眠症状は、副交感神経がうまく作動していないことが要因のひとつ。つまり、この座禅を活用すれば、不眠の悩みも解消しやすくなります。 ここでは、まさに寝付けないときに試したい「寝ながら禅」の効能と活用法について、詳しくご紹介していきましょう。
プロの鍼灸医が薦める!10円玉&1円玉で「不眠を治す11円療法」
「10円玉を1枚。1円玉を1枚。体に貼ると、不眠が治りますよ」と聴いたら、どうでしょう? 「ナンダソレ!それだけで眠れるなら苦労しない!」って、思いますよね。 でも、この方法。プロの鍼灸医師がおススメしている方法で、実際に1日で不眠改善している人も少なくないのだとか。 しかも、その理由を聞くと、意外と理にかなった「不眠対処法」になりそうなのです。これなら、一度試してみない手はありません。早速、詳しくご紹介していきましょう。
「耳たぶ」をもんで温めるだけ?!ノジェ博士の「耳たぶ安眠療法」とは?
「耳たぶ」をもんで、温めるだけ。 これだけで、「不眠問題を改善する可能性がある」という耳よりなお話です。 「耳」ツボを刺激する「耳鍼療法」を医学的に体系化した、お医者さんがいます。 それが、フランスの医師・ボル・ノジェ博士。 彼の研究によると、「耳を刺激することで、多くの不調を緩和する」ことが実証できたのだとか。 実際、解剖学的にも「耳」には、脳神経が集まっていることを発見した彼が、薦める不眠改善効果とはどのようなものなのでしょうか? ここでは、効果の理由と実践方法について、ご紹介していきましょう。
手首にゴムひもを結ぶだけ?!ツボ効果で安眠する「ゴムひも快眠術」
手や足には、全身の器官とつながるツボが集まっています。 「寝つけない」、「早く目が覚める」という不眠トラブルは、「自律神経が乱れ」が原因。 つまり、自律神経を整えるツボを活用すれば、こういった悩みも解決しやすくなります。 そこで活用したいのが、手にあるツボを活用した安眠術。 ここでは、ツボを程よく刺激して、安眠に導くゴム紐快眠術をご紹介しましょう。
眠りが浅い人ほど「脱パン」が効く?不眠を改善する「脱パン快眠法」
「ハダカで寝ると、健康になる」って、聴いたことありませんか? これは、「体を締めつけるものから解放される⇒血流が良くなる⇒健康になる」というもの。 つまり、「血巡り改善」が健康に貢献するわけですが、実は、不眠トラブルも、このメカニズムでずいぶん症状を改善することができます。 その、一番手っ取り早い方法が、「脱パン快眠法」です。 方法は、下着を脱いで寝るだけという、いたってシンプルな就寝方法です。 詳しく、ご説明していきましょう。
NHKで紹介されて大ヒット!睡眠トラブル解消に役立つ「抱かれ枕」
「抱き枕」はよく知られていますが、「抱かれ枕」というと、まだご存じない方も多いはず。 実は、この「抱かれ枕」。 すでに、累計10万個も売れているという大ヒット商品で、「快眠できない女性に大人気」の商品なのだとか。 いったい、この「抱かれ枕」とは、何なのでしょうか? 詳しく、ご紹介していきましょう。
眠るときに聴く音楽はロックでもOK?!音楽で安眠するコツとは?
「眠るときに聴く音楽」といえば、クラシックやヒーリング曲。 そんなイメージは、ありませんか? 確かに、これらの音楽には、睡眠に導く特殊な力があります。 でも、こういう音楽でないと、眠れないというワケではありません。実は、好きな音楽なら、ロックだって構わないのです。 ここでは、その理由を、ご紹介していきましょう。
「寝つき改善」に役立つアミノ酸!「グリシン」の不眠改善効果とは?
「なかなか寝つけない」。こんな「不眠症状」が起こるのは、寝つく際に必要な「体温調整に失敗している」からかもしれません。 人は、寝つく際に、体の深部体温を下げるために、手足などの表層部から熱を放出します。 これを円滑に行うためには、「血流がよい状態」は必須条件。 寝る数時間前に、お風呂で体を温めると、体温のコントロールがしやすくなりますが、それでもうまくいかない場合は、意図的に血流を良くする方法も有効です。 そこで役立てたいのが、「グリシン」というアミノ酸。 グリシンには、手足の血管を広げて、血流を良くする作用があり、寝つく際の「体温調整を円滑」にしてくれます。ここでは、グリシンの効能と活用法について、ご紹介していきましょう。
体内の「二酸化炭素」を増やすと眠れる?「呼吸再循環法」のすすめ
「眠ろうと思えば思うほど、なぜか眠れない!」。 こんな方は、間違いなく「交感神経が優位」な状態です。 「交感神経」とは、「自律神経」のひとつ。 活発に動いているときに動く神経ですが、眠るためには、もうひとつの自律神経が優位になる必要があります。 その神経が、「副交感神経」です。 不眠を解消するには、この「副交感神経」を働かせることが、必要です。 そこで、試してみたいのが、この副交感神経を手っ取り早く、動かす方法です。 ここでは、「副交感神経」を優位にさせる『呼吸再循環法』を、ご紹介していきましょう。
不眠改善の救世主!? 天然ハーブ「ホップ」のバスソルトがスゴイ
いま、不眠気味の女性に人気のバスソルトが、「ホップ」を使ったハーブソルトです。 「ホップ」といえば、ビールの苦味や香りを出す原材料ですが、実は、もともと薬効のある天然ハーブ。古くから「リラックス作用」や「鎮静作用」がある薬効植物として、不眠改善に活用されきた、歴史ある薬用植物でもあります。 果たして、この「ホップ」には、どんな効能があるのでしょうか? このバスソルトの効果とは? 詳しくご紹介していきましょう。

TOP 眠りの基礎知識 眠れない症状いろいろ 不眠に効く食べ物 不眠に効くツボ 睡眠の豆知識