「眠れない」のはコレが原因かも!寝つきが悪くなる9つのNG習慣とは?

「眠れなくなりやすい!」9つのNG習慣とは?

「どうしても眠れない」のには、必ず何か理由があります。
人間は感情に支配されやすい生き物ですから、その日あった何かの出来事や、悩み事なども、なかなか脳を眠らせてくれない理由になります。

 

また、これだけではなく、日頃の生活習慣も「眠れなくなる」理由になっている可能性があります。

 

ここでは、その「眠れなくなりやすい」NG生活習慣をご紹介します。思い当たるNG習慣を、できるだけなくして快眠生活を取り戻しましょう。

 

寝る直前まで、テレビやスマホ、PCを見ている

 

 

眠りを引き出す「メラトニン」は、夜になると徐々に分泌量が増加し、深夜頃、分泌量がピークに達します。夜、就寝時間にスッと眠りにつけてくれるのは、この重要な睡眠ホルモンが働いているから。実は、このメラトニンは、目の後ろにある「視交叉上核」という体内時計が動くと活動し始めます。

 

そのきっかけとなるのは、「目から入ってくる光の量」。つまり、明るいときは分泌量が減り、暗くなると分泌量が増加するしくみです。

 

テレビやスマホ、PCの光りは、この体内時計を狂わせるほどの、強い光を放っています。寝る直前まで、この光を見ている方は、体内時計がなかなかうまく働きません。

 

とくに、寝床に入っても、スマホを見ているという方が寝つきにくいのは、この光のせいかもしれません。少なくとも、眠る30分以上前には、こういう光を見ないこと。もし、どうしても見なければならないなら、PC用メガネなどをかけて、できるだけ強い光をシャットアウトする必要があります。

 

眠る時間が、バラバラで、決まっていない

 

 

眠りを引き出す体内時計は、ある程度、習慣が決まっている方が、活動しやすいホルモンです。例えば、毎日、夜11時30分に寝るという習慣がある方なら、その時間に向かって、体内時計が活動し始め、メラトニンを分泌させていきます。

 

でも、寝る時間がバラバラという方は、体の準備がうまく整わず、うまく体内ホルモンを稼働させることができません。また、こういうケースではなく、いつも寝ている時間より、早い時間に寝ようとする場合も、同じことが起こります。

 

とくに、「翌日の早朝に用事がある」から、少し早く寝ようとするときに限って、なかなか眠ることができません。これは、いつもの就寝時間の1〜2時間前が、最も寝つきにくい時間になっているためです。

 

体内時計は、もともと25時間稼働で働くようにできていて、実際の1日24時間との誤差を、毎日調整しています。この1時間、2時間という微妙な変動があると、この調整がうまくいかない理由です。

 

眠る時間は、できるだけ決めること。早く寝なければならないときは、できるだけ前もって、寝る時間帯に就寝時間をずらしていくことが、寝つきをよくする秘訣です。

 

冷え症の人、湯船につからない人は眠りにくい

 

 

「いつも、体が冷えている」場合も、寝つきが悪くなる理由のひとつです。

 

スッと眠りにつくには、寝床についたときに、体温が低下していく必要があります。
そのためには、その直前まで、体が温まっていることが、大前提。その体の熱が、皮膚から放熱されて初めて、「理想の体温低下⇒眠り」が引き出されるのです。

 

もともと、冷え性の方は、体温が上がりにくく、皮膚からの放熱ができないので、なかなか眠りにつくことができません。

 

毎日のお風呂も、「シャワーしか浴びない」という方も、体が温まりにくくなっています。同じ理屈で、寝つきが悪くなりやすいので、注意が必要です。理想は、眠る2〜3時間前に、ゆっくりお湯につかること。体の芯まで温まると、放熱しやすい体質に変えられます。

 

全く運動しない

 

「ほとんど、運動することがない」という方も、眠りにくい体質になってしまいます。
運動は、体を温める効果があるほか、肩や首、腰など、筋肉がこわばりやすい場所を、ほぐす効果があります。

 

筋肉がこわばっていると、寝つきが悪くなりますから、できるだけこのこわばりを解く必要があります。もちろん、激しい運動ではなくても、OK! 軽いストレッチなどでも、体をほぐすと、血流が良くなり、眠りやすい体になります。

 

食事の偏りが激しい+糖質&脂質ダイエットをしている

 

 

食事内容がかたよっている方も、寝つきにくくなります。
炭水化物などの糖質や、脂質を制限している方は、とくに、注意が必要です。

 

糖質や脂質は、血流を良くし、体を温めるために必要な栄養素ですから、あまり制限しすぎると、眠れなくなる要因になります。

 

ストレスがたまって、発散できていない

 

 

いまや、「ストレスがない人などいない」というほどのストレス社会。
仕事先や家庭などで、さまざまなストレスに悩まされている方も少なくありません。

 

とくに、女性の場合、ストレスを受けると、体に異変を受けやすいので、注意が必要です。寝床に入っても、「悩みや心配事が頭から離れない」という方は、眠りを引き出す副交感神経がうまく働きません

 

どうしても、気になって眠れないという場合は、悩みを書きだして整理してみましょう。
アロマやヒーリングミュージックなどで、リラックスするのも、応急処置として効果があります。悩み事が深すぎる場合は、誰かに話を聴いてもらったり、相談するのも、得策です。問題を、ひとりで抱え込まないことが、ストレスをため込まない秘訣です。

 

寝る前に、カフェイン系の飲み物を飲む

 

 

コーヒーや緑茶、紅茶などに含まれているカフェインは、眠れなくなる一因になります。
カフェインには、覚醒作用があり、服用後、30分後くらいから効き始め、その後4〜5時間くらい効果が持続します。

 

覚醒効果の大きさは、個人差がありますが、就寝前のカフェインは、眠りにくくなる大きな原因になりますので、できるだけ避けましょう。風邪薬や鎮痛薬の中にも、カフェインが含まれているものがありますので、注意が必要です。

 

体を締め付けるパジャマ

 

寝るときのパジャマも、意外とあなどれません。
体にピタッと密着するタイプのものは、体を締め付けて、血流を悪くさせるので、うまく眠りモードに入ることができません。就寝する際は、できるだけリラックスできるゆったり目のパジャマがおすすめです。

 

枕や布団…合わない寝具はNG!

 

枕の選び方は、意外と重要というのは、よくCMなどでも見る通りです。
枕の理想的な高さは、寝ているときの姿勢が、姿勢よく立ったときと同じような形になる位置にあること。心臓よりも頭が低くなるのも、NGです。

 

布団などの寝具も、適度な固さと通気性が必要。ご自身にあう寝具は、いろいろ吟味して、慎重に選ぶことも必要です。
試せるものは、できるだけ試すこと。NET等で購入する場合は、一度使用しても、あわない場合は返品が可能なものを選ぶと安心です。

 

 

 


Sponsored Link

関連ページ

「今!眠れなくて困ってる」今すぐ試したい!5つの睡眠方法とは?
普段は眠れるのに、なぜか今日に限って眠れない…。とにかく今、眠れなくて困っている!という方のために、ぜひ試してみてほしい5つのアイデアをご紹介します。まさにいま困っている方は、ぜひトライしてみましょう。
眠れないときどうしてる?「眠くなるまで寝ない」方がいい理由とは?
寝ようとしても、なかなか眠れないとき。 気ばかり焦って、余計に眠れないことってありませんか? そんなときは、いったん寝床から出て、眠くなるまで待つのも手。 1時間、2時間と、眠れないまま寝床にいるよりも、そうする方が、結果的に寝つきやすくなります。寝床にいるよりも、いったん起きたほうが良いのは、なぜなのでしょうか?
「眠りやすくなる寝室」ってどんなの?|「照明×室温&湿度×音」がポイント!
寝つきやすくなるためには、寝る環境もとても大切です。 実際に、寝室環境を整えるだけで、不眠の割合をグッと減らすことも、夢ではありません。 眠りやすくなる部屋のキーワードは、「照明」「室温」「湿度」「音」の4つ。理想的な寝室環境について、詳しくご紹介していきましょう。
眠れなくて困ったときに使いたい!「寝つきやすくなるアロマ」9選!
アロマオイルは、焚いた香りを吸うだけでも、効果があります。皮膚からも、有効成分を吸収するというから、驚きですね。とくに、リラックス効果が高く、ストレスやメンタルから来る疾患に、効果を発揮します。 「眠れない」という症状にも、アロマはとっても効果的!ここでは、とくに、「不眠に効く」アロマオイルを9つご紹介しましょう。
「夜の運動」は眠りを引き出す!?眠れない女性におすすめの快眠対策とは?
「ダイエットのために運動する」という話はよく聴きます、「眠るために運動している」という話はあまり聞いたことがないですよね。でも、「眠る」ための手段としての「運動」は、実は、とっても効果的。 運動している人の方が、不眠に悩まされる割合は、格段に少ないのです。では、運動すると、どうして眠りやすくなるのでしょうか?詳しく解説していきましょう。
夜中の食事は今すぐストップ!寝つきの悪さは、寝る前の食事も原因に!
残業で帰りが遅くなったり、夜中にお腹がすいて、ついつい何かを食べてしまったり。 実は、こういう食事が寝つきの悪さや、中途覚醒の原因になったりします。 夜、食べると、なぜ眠れなくなってしまうのでしょうか? 詳しく解説していきましょう。
寝つきの悪さは靴下も原因?!夜、裸足で寝るべき理由とは?
ふだんは裸足で寝ている人でも、足が冷えると、靴下をはいて寝てしまっていませんか? 実は、この靴下が「寝つけない」原因になっている可能性があります。 「靴下をはいてるだけで、寝つけなくなるの?」と不思議に思う方もいらしゃるかもしれませんが、実はこれがとても重要! その理由について、詳しく解説していきましょう。
頭の温度を下げると眠りやすくなる?!考えごとで眠れない時の解決法
寝つきをよくするためには、自然に深部体温が下がる体温調整が必要です。 眠る数時間前に、入浴するのがおすすめなのも、いったん上がった体温が下がる機能が働くため。でも、この方法をとっても、ベッドに入ると色々なことが頭に浮かんで、全く眠れなくなることもよくある話です。 そんなときにおすすめなのが、頭の温度を下げること。 なぜ、頭の温度を下げると眠りやすくなるのでしょうか?ここでは、そのメカニズムをご紹介しましょう。
女性の不眠解決法|カンタン!寝つきを改善する「ペン転がしマッサージ」
眠れなくて困ったときに試したいのが、「ペン転がしマッサージ」。 方法は、カンタン!ペンを手の甲の上で転がすだけ。眠れなくて悶々しいているときに、カンタン手軽にお試しできるマッサージ法です。 なぜこの方法が、寝付きやすくなるのでしょうか? 詳しく、ご紹介していきましょう。
女性の不眠解決法|寝つけない女性におすすめの「消灯アロマ入浴法」とは?
スッと寝つけて、ぐっすり眠るために効果があるのは、自律神経を整えることです。 その自律神経を整えて、快眠する方法として代表的なのが、次の3つです。 @部屋は薄暗くする Aアロマを焚く B眠る少し前に、ぬるめのお風呂に入る いずれも自律神経を整えて、眠りに必要な副交感神経を優位にする方法ですが、この3つの方法を組み合わせるともっと効果的なのだとか。 その方法が「消灯アロマ入浴法」。その手順を、詳しくご紹介しましょう。
女性の不眠解決法|「アルファ波が出る音」でスッと寝つく方法
「眠りにつくときに、心地よい音楽を流すとスッと眠れた」という経験はありませんか?実は、耳から入る「音」と」「脳」には深い関係があります。 世の中には、まざまな音があふれていますが、耳に入ると「心地よさ」や「リラックス感」を感じさせる音があります。 それが、「1/fのゆらぎ」と呼ばれる音。 規則正しい音と不規則な音が、絶妙なバランスで調和している音のこと。ここでは、このアルファ波を引き出す音を聴いて入眠する方法について、詳しくご紹介していきましょう。
寝つけないのは「前脳」の使い過ぎ?日中の単純作業が寝つきを良くする理由
脳の左右については意外とよく知られていますが、脳には「前後」でも役割が違っています。しかも、「寝つき」と深い関係があるのも、この前後の脳なのです。 このお話が解説されているのが、「あなたの人生を変える睡眠の法則」(菅原洋平著/自由国民社刊)という書籍です。 あまり広くは知られていない「前後の脳の働き」と「寝つきのよさ」にはどんな関係があるのでしょうか? 詳しく、解説していきましょう。
30分で効果がでる?!メラトニンと似た「レタス成分」で快眠する方法
レタスに含まれているのは、「ラクッコピコリン」という有効成分。 実は、これが「メラトニン」と同じような働きをします。 「メラトニン」は、眠るために必要不可欠のホルモンですから、不眠で困っている方は、まさにこれが不足している状態。普通なら、夜になると自然に分泌されるホルモンですが、不規則な生活やストレスが多いとうまく分泌できなくなります。 そんなときは、レタスから「ラクッコピコリン」を補充すれば、うまく入眠しやすくなるというわけです。
「眠れない不安」が不眠の元凶に?体ほぐして眠りに導く「筋弛緩法」
「眠らなきゃ」と思えば思うほど、どんどん目がさえてします。 すると、「余計に眠れなくなってしまった!」という経験、ありませんか? これは、「眠れない」=「明日が大変!」という思考回路が、いつのまにか、脳と体を「緊張状態」にしてしまうことが原因です。これを解きほぐすには、脳と体の緊張状態を緩めるしかありません。 ここでは、緊張を解きほぐす「筋弛緩法」の活用方法をご紹介していきましょう。
寝つき改善には「なつめ」が効く!?漢方で処方される「なつめ」の効能とは?
古くから、滋養強壮に効く果物として重宝されている「なつめ」。 漢方では、寝つきの悪い人に処方される果物としても有名です。 この「なつめ」には、どんな効能があるのでしょうか? 詳しく解説していきましょう。
寝つけないときに試したい!「安眠効果」のある4つの飲み物
寝る前にカフェインや過度のアルコールはNG。 これは、良く知られていることですが、こういった飲み物とは別に、「寝つき改善」に効果があり、安眠しやすくなる飲み物もあります。 ここでは、うまく寝つけなくて苦労しているときに、試したいおすすめ飲み物について、詳しくご紹介しましょう。
眠れないときに試したい!「寝たまま腹式呼吸」で自律神経を整える方法
寝つけない人は、「交感神経」が優位な状態です。このままだと、頭は興奮状態のまま。なかなか寝付けなくなってしまいます。この自律神経の乱れを整えるには、予想以上に「腹式呼吸」が役立ちます。 ここでは、眠れないときに試したい「寝たまま腹式呼吸」の活用方法について、いろいろご紹介していきましょう。
睡眠トラブルを緩和する?!快眠できる成分「清酒酵母」がすごい理由
TBSで毎週日曜日に放送されている番組、「夢の扉」。12月27日(2015年)に放送分で、『睡眠をコントロールする物質の研究』をしている裏出良博教授(つくば大学)が紹介されていました。 その中で紹介されていたのが、新たに発見された「快眠物質」。 しかも、日本人に馴染み深い食品に、その物質が多く含まれているというのです。 その物質とは何なのでしょうか? 要約をご紹介していきましょう。
眠れないときに試したい!不眠解消に役立つ「ヨガのポーズ4選」
ヨガは、単なるエクササイズというより、無意識のうちに「心や体」に働きかける力があります。 とくに、自律神経に作用する力が強く、精神的なものが原因で起こる症状に効果を発揮します。不眠解消も、この力を借りれば、それほど難しくはありません。 ここでは、不眠に効くヨガの効能とおすすめのポージングを4つ、ご紹介していきましょう。
不眠症だった医師が考案した!7分で眠れる?!「安眠マッサージ」法
ストレスが多い仕事をしている人は、不眠の悩みを抱えやすいもの。 そんな職業のひとつ。お医者さんも、不眠問題を抱えている人は少なくないようです。 ここで、ご紹介するのは、そんな不眠の悩みを抱えたお医者さんが考案した安眠法です。 その内容は、意外にも超簡単! ストレスが原因で、30年間も不眠がちだった症状が、「睡眠薬を使わずに眠れるようになった」というから驚きです。早速、その安眠法をご紹介していきましょう。
「寝ながら禅」で不眠解消?!自律神経を整える「座禅のチカラ」
実は、「座禅」には、自律神経を整える効果があり、とくに、心を落ち着かせる「副交感神経の働きを活性化」する作用があります。 「寝つけない」、「途中で目が覚める」という不眠症状は、副交感神経がうまく作動していないことが要因のひとつ。つまり、この座禅を活用すれば、不眠の悩みも解消しやすくなります。 ここでは、まさに寝付けないときに試したい「寝ながら禅」の効能と活用法について、詳しくご紹介していきましょう。
プロの鍼灸医が薦める!10円玉&1円玉で「不眠を治す11円療法」
「10円玉を1枚。1円玉を1枚。体に貼ると、不眠が治りますよ」と聴いたら、どうでしょう? 「ナンダソレ!それだけで眠れるなら苦労しない!」って、思いますよね。 でも、この方法。プロの鍼灸医師がおススメしている方法で、実際に1日で不眠改善している人も少なくないのだとか。 しかも、その理由を聞くと、意外と理にかなった「不眠対処法」になりそうなのです。これなら、一度試してみない手はありません。早速、詳しくご紹介していきましょう。
「耳たぶ」をもんで温めるだけ?!ノジェ博士の「耳たぶ安眠療法」とは?
「耳たぶ」をもんで、温めるだけ。 これだけで、「不眠問題を改善する可能性がある」という耳よりなお話です。 「耳」ツボを刺激する「耳鍼療法」を医学的に体系化した、お医者さんがいます。 それが、フランスの医師・ボル・ノジェ博士。 彼の研究によると、「耳を刺激することで、多くの不調を緩和する」ことが実証できたのだとか。 実際、解剖学的にも「耳」には、脳神経が集まっていることを発見した彼が、薦める不眠改善効果とはどのようなものなのでしょうか? ここでは、効果の理由と実践方法について、ご紹介していきましょう。
手首にゴムひもを結ぶだけ?!ツボ効果で安眠する「ゴムひも快眠術」
手や足には、全身の器官とつながるツボが集まっています。 「寝つけない」、「早く目が覚める」という不眠トラブルは、「自律神経が乱れ」が原因。 つまり、自律神経を整えるツボを活用すれば、こういった悩みも解決しやすくなります。 そこで活用したいのが、手にあるツボを活用した安眠術。 ここでは、ツボを程よく刺激して、安眠に導くゴム紐快眠術をご紹介しましょう。
眠りが浅い人ほど「脱パン」が効く?不眠を改善する「脱パン快眠法」
「ハダカで寝ると、健康になる」って、聴いたことありませんか? これは、「体を締めつけるものから解放される⇒血流が良くなる⇒健康になる」というもの。 つまり、「血巡り改善」が健康に貢献するわけですが、実は、不眠トラブルも、このメカニズムでずいぶん症状を改善することができます。 その、一番手っ取り早い方法が、「脱パン快眠法」です。 方法は、下着を脱いで寝るだけという、いたってシンプルな就寝方法です。 詳しく、ご説明していきましょう。
NHKで紹介されて大ヒット!睡眠トラブル解消に役立つ「抱かれ枕」
「抱き枕」はよく知られていますが、「抱かれ枕」というと、まだご存じない方も多いはず。 実は、この「抱かれ枕」。 すでに、累計10万個も売れているという大ヒット商品で、「快眠できない女性に大人気」の商品なのだとか。 いったい、この「抱かれ枕」とは、何なのでしょうか? 詳しく、ご紹介していきましょう。
眠るときに聴く音楽はロックでもOK?!音楽で安眠するコツとは?
「眠るときに聴く音楽」といえば、クラシックやヒーリング曲。 そんなイメージは、ありませんか? 確かに、これらの音楽には、睡眠に導く特殊な力があります。 でも、こういう音楽でないと、眠れないというワケではありません。実は、好きな音楽なら、ロックだって構わないのです。 ここでは、その理由を、ご紹介していきましょう。
「寝つき改善」に役立つアミノ酸!「グリシン」の不眠改善効果とは?
「なかなか寝つけない」。こんな「不眠症状」が起こるのは、寝つく際に必要な「体温調整に失敗している」からかもしれません。 人は、寝つく際に、体の深部体温を下げるために、手足などの表層部から熱を放出します。 これを円滑に行うためには、「血流がよい状態」は必須条件。 寝る数時間前に、お風呂で体を温めると、体温のコントロールがしやすくなりますが、それでもうまくいかない場合は、意図的に血流を良くする方法も有効です。 そこで役立てたいのが、「グリシン」というアミノ酸。 グリシンには、手足の血管を広げて、血流を良くする作用があり、寝つく際の「体温調整を円滑」にしてくれます。ここでは、グリシンの効能と活用法について、ご紹介していきましょう。
体内の「二酸化炭素」を増やすと眠れる?「呼吸再循環法」のすすめ
「眠ろうと思えば思うほど、なぜか眠れない!」。 こんな方は、間違いなく「交感神経が優位」な状態です。 「交感神経」とは、「自律神経」のひとつ。 活発に動いているときに動く神経ですが、眠るためには、もうひとつの自律神経が優位になる必要があります。 その神経が、「副交感神経」です。 不眠を解消するには、この「副交感神経」を働かせることが、必要です。 そこで、試してみたいのが、この副交感神経を手っ取り早く、動かす方法です。 ここでは、「副交感神経」を優位にさせる『呼吸再循環法』を、ご紹介していきましょう。
不眠改善の救世主!? 天然ハーブ「ホップ」のバスソルトがスゴイ
いま、不眠気味の女性に人気のバスソルトが、「ホップ」を使ったハーブソルトです。 「ホップ」といえば、ビールの苦味や香りを出す原材料ですが、実は、もともと薬効のある天然ハーブ。古くから「リラックス作用」や「鎮静作用」がある薬効植物として、不眠改善に活用されきた、歴史ある薬用植物でもあります。 果たして、この「ホップ」には、どんな効能があるのでしょうか? このバスソルトの効果とは? 詳しくご紹介していきましょう。

TOP 眠りの基礎知識 眠れない症状いろいろ 不眠に効く食べ物 不眠に効くツボ 睡眠の豆知識