不眠のプロも絶賛!?「ブルターニュ産の塩風呂」でスッと快眠する方法

不眠のプロも絶賛!?「ブルターニュ産の塩風呂」でスッと快眠する方法

「お風呂でよ〜く温まると、寝つきやすくなる」。これは、不眠に悩む人なら、何となくご存じのはず。

 

実際、温め効果がある「入浴剤」を入れるのも効果的ですが、「天然塩」をお風呂に入れる入浴法が、意外と役立つのはご存じでしょうか?

 

そんな塩風呂を実践しているのが、いわば「不眠のプロ」といわれる作家、椎名誠さん。これは、どんな「塩風呂」なのでしょうか?詳しく、ご紹介していきましょう。

 


ミネラル豊富な海水塩には、快眠効果も?!

ぼくは眠れない (新潮新書)という著作の中で、「35年間、ずっと不眠症」と告白した作家の椎名誠さん。「ここまで不眠とつきあいが長いと、もう眠れないこと自体を気にしない」という言葉も印象的です。

 

そんな椎名誠さんが、不眠改善のために、ずっと続けている入浴法があるのだとか。それが、フランス・ブルターニュ地方の海水をフリーズドライした塩を使った「塩風呂」です。

 

本来は、「皮膚からミネラルを吸収して体調改善できる塩」だそうですが、友人から「不眠にも効くらしい」と薦められたのが、始まり。

 

最初は、入れる量を間違えて思わぬ災難もあったそうですが、適量を入れて入浴するようにすると、血流が良くなって、寝つきも改善されたのだとか。

 

いわば、不眠のプロ?!が「効く」という「塩風呂」。何だか、ちょっと試してみたくなりますよね。


ブルターニュ地方の海水塩って、何なの?

 

「フランスのブルターニュ地方」は、地図でいうと、ちょうどフランスの北西部にあります。北はイギリス会場、西には大西洋、南はビスケー湾と接しているエリアで、三方を海に囲まれた場所で、海の幸が豊富なことでも有名です。

 

この特殊な地理環境は、ミネラル豊富な海水を生み出し、日本でも定着している「タラソテラピー(海洋療法)」が始まったのも、この地方が発祥なのだとか。とくに、ブルターニュ地方にあるゲランの塩田が有名で、ここで作られた塩はとくに人気があります。

 

この塩を入れた風呂に入ると、お肌から吸収したミネラルが体の調子を整えてくれるのだとか。塩分による体の温め効果が長く続いて、血流改善にも効果があります。

塩風呂の活用方法とは?

1回あたり、40〜60gの塩をお風呂に入れて、12分程度、湯舟につかります。

 

これは、浸透圧の関係で、肌からミネラルを吸収するためには、12分が最適。長すぎると、のぼせやすくなるため、砂時計などで時間をはかって入浴すると、便利です。

 

塩風呂に入ると大量の汗をかくので、入浴後は水分を補給する必要があります。ミネラルウオーターやスポーツドリンクなどを1本、入浴後に飲むようにしましょう。

 

お風呂から出てしばらくしても、血流がよくなって体が冷えにくく、寝つき改善に役立ちます。入浴するのは、就寝2時間前が最適! 睡眠トラブルを抱えている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

参考書籍 どんな不眠も治る安眠ガイド (深い眠りを約束する専門家の技37)

 


ブルターニュ地方のバスソルトいろいろ

タラソドブルターニュ アルグマリンソルト 850g

 

amazonクチコミ★★★★☆

「タラソドブルターニュ アルグマリンソルト 850g」は、天然のマグネシウムを含んだフランスブルターニュ産の上質塩に、海藻成分を配合したタラソバスです。すっきりと引き締まった、すこやかなお肌へと導きます。
成分:海塩、褐藻、褐藻エキス、水、香料。青色1号

 

 

ブルターニュナチュラルソルト 850g

 

フランス・ブルターニュ地方で採れた純度の高い自然塩フランスの北西に位置するブルターニュ地方の海は、潮流が速く、干満も激しいことで有名で、私たちの生体機能に必要なミネラル、そして海藻や海泥などをたっぷり含んだ新鮮な海水がよどみなく循環しています。そのブルターニュ地方の塩の採取場で採取した大きなかたまりの海塩を、洗浄し乾燥して、様々な粒の大きさに砕きます。ナチュラルソルトは、バスソルトとして使いやすい大きさの粒を選んだ、純度の高い上質の自然塩です。自然のままで温浴効果を満喫しても良し、また、お好きなエッセンシャルオイルを混ぜて自分だけのバスソルトを楽しむのもおすすめです。 ●全成分海塩●使用方法約40gの本品を浴槽のお湯(約200L)に入れ、よくかき混ぜ、完全に溶かしてからご入浴下さい。

 

 

 

フロラメール オーメールピュール 1kg

 

ブルターニュの海に豊富に含まれる天然マリンミネラルがバランスよく配合(フリーズドライ製法)された、すべてのケアの基礎となる入浴剤。お肌のうるおいを保ちキメを整えます。オーメールピュールでくつろぎのひと時をお楽しみください。原産国 :フランス 内容量 :1kg 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :165×165×130o

 

Sponsored Link

関連ページ

日本人の3人に1人が不眠?!厚労省が出した「睡眠トラブルの12の対処法」とは?
いま、日本人の3人に1人が睡眠トラブルを抱えているといわれています。 もはや「国民的な健康問題」ともいえる、この「睡眠トラブル」。これには、どんな対処をすればよいのでしょうか?
快眠に必要な食べ物(1)|スッとグッスリ眠るために!必要な4つの栄養素とは?
寝つけない、眠れないというときは、必要な栄養素が足りていない可能性があります。 眠りを引き出すのは、「メラトニン」という睡眠ホルモンです。このホルモンをつくる原材料は、とても重要!この原材料が多く含まれている食べ物は、どんなものなのでしょうか?眠りに必要な栄養素とは?詳しく、ご紹介していきましょう。
快眠に必要な食べ物(2)|納豆、レタス、豚肉も?!「自律神経」を整える食べ物
スッと寝てぐっすり眠るには、「自律神経」を整える栄養素も欠かせません。自律神経とは、「無意識」のうちに、生命を維持させるために動く神経のこと。ここでは、自律神経をうまく働かせるために必要な食べものについて、詳しくご紹介していきましょう。
快眠に必要な食べ物(3)|睡眠トラブルを解消するコツは夕食のとり方!
寝つくのに苦労したり、中途覚醒しないためには、夕食のとり方がとても重要です。そのポイントは、たったの2つ!「消化のよいものを食べる」ことと、「眠る3時間前までに食べる」こと。夕食は、睡眠直前の食事ですから、できるだけ消化がよいものを摂る必要があります。ここでは、夕食におすすめの食べ物を色々ご紹介しましょう。
不眠解消のための栄養補給!「快眠」体質になるためのサプリ成分
「快眠」できるようになるためには、自律神経を正常に働かせる効果がある栄養素をとることも必要です。ここで、活用したいのが、サプリメントです。 サプリメントとは、基本的に「食品」で、ふだんの食事で不足気味のものを補う役割があります。まずは、快眠に必要な栄養素を補って、ご自身を快眠しやすい体質に変えていきましょう。ここでは、不眠解消に役立つサプリメントの成分をご紹介していきます。
快眠の基礎知識|朝すっきりしないを解決!自分の最適睡眠時間を知る方法
一般的に、人間に必要な睡眠時間は7〜8時間といわれていますが、実際は、人それぞれ。ある人は、8時間がベストでも、またある人は、5時間で充分だったりするのは、この個人差によるものです。 実際に、ご自身の最適な睡眠時間は、何時間なのでしょうか? ここでは、ご自身の最適な睡眠時間を調べる方法について、ご紹介していきましょう。
眠気防止|日中眠くてたまらない!4つの原因と解決方法とは?
女性が抱える睡眠トラブルには、「日中眠くてたまらなくなる」という悩みも少なくありません。症状がひどい場合は、「特発性過眠症」や「ナルコレプシー」という睡眠障害になっている可能性もありますが、そこまでの症状ではない場合、考えられる原因が4つあります。ここでは、日中の眠気に悩まされている方のために、その原因と解決方法についてご紹介していきましょう。
「朝が苦手」を解消する方法(1)|「夜型人間」を治すコツ
「朝が苦手」という方のほとんどが、実は「夜型人間」だったりするものです。寝る時間が遅く、睡眠時間がしっかりとれていないため、いつも睡眠不足。 しかも、残業などの致し方ない事情というよりも、習慣的に遅い時間にしか眠れなくなっている方も少なくありません。でも、一度ついてしまった習慣は、なかなか変えることができないものです。 この習慣を変えるには、どうすればよいのでしょうか?ここでは、その方法について、詳しくご紹介していきましょう。
「朝が苦手」を解消する方法(2)|「朝の楽しみ&ごほうび」で寝起き改善する方法
翌日、楽しみなことがあると、「目覚ましよりも早く目が覚める」ということは、よくあるお話です。みなさんも、ちょっと思い出してみましょう。例えば、「久しぶりに旅行に行く日」。「大好きな彼とデートをする日」。 そんな日の朝は、意外とスッと起きれたりしませんでしたか?そう。実は、人間の感情と目覚めは深い関係があって、「楽しい」「嬉しい」という感情があると、イヤなことも吹き飛ばしてしまうほどの威力があるのです。毎日、朝がつらいという方は、この感情をうまく利用すると今までイヤだった朝が、急に快適に思えるようになります。
合わない枕が不眠の元凶?!「副交感神経」を優位にする「枕」の条件
不眠を解消するには、「枕選び」もとても重要な要素です。 「枕」は、本来、疲れた首を休ませる大切な役割があります。 首には、重要な神経が集中していますから、ここが休まらないといつまでたっても快眠できません。 しかも、合わない枕を使っていると「頸椎」を圧迫し、交感神経の方が活性化してしまいますから、余計に眠れなくなってしまいます。 スッと眠りにつくためには、副交感神経のほうが優位に立つ必要がありますから、真逆のの神経を活動させてしまう枕は、絶対に避けたほうが無難です。
快眠のコツ|何度も目が覚める人は、掛け布団を羽毛に変えてみる
「睡眠トラブルが、まさか布団のせい」だなんて、俄かには信じられないかもしれませんが、寝ている最中に何度も目が覚めるような方は、寝具にも問題がある可能性があります。 特に、睡眠中体を包む掛け布団は、通気性や保温性、重さによっても、寝心地に大きな影響を与えます。ここでは、「快眠するために最適な掛け布団」について、ご紹介していきましょう。
蓮のお茶は不眠症の特効薬?!深い眠りを引き出す「ロータスティー」の効能
古くから、ベトナムでは不眠症解消の伝統茶として有名なのが「蓮(はす)のお茶」です。 別名、「ロータスティー」とも呼ばれています。 このお茶の成分には、鎮静作用があり深い眠りを引き出す効果があります。蓮のお茶の効能について、ご紹介しましょう。
「抱き枕」を使うと効果的?!ストレス不眠に効く「抱き枕」快眠法
悩みごとやストレスが多くて、なかなか寝付けない。 眠れても、何度も目が覚めてしまう。 こんな方におすすめの快眠法が、「抱き枕快眠法」。「抱き枕快眠法」とは、文字通り、細長い枕に抱き着いて眠る方法です。 これが、ストレスからくる不眠をかかえている方には、意外と効果的!もしかすると、すぐにスッと眠れてしまうかもしれません。
「いびき」はなぜ出るの?すぐに試したい「いびきの悩み対処法」
不眠を解消するにはどうしたらいいの? 快眠するためにいい食事や生活習慣など、知っておくと便利な豆知識をご紹介しています。
不眠&夕食が遅い人の奥の手があった!消化が速い食べ物で快眠する方法
「就寝3時間前までに夕食を摂ること」 これは、ダイエットの常識ですが、不眠を解消する上でも大切なルールです。 でも、どうしてもお腹がすいてしまう。 そんなときは、消化が早い食べ物を選んで食べるという方法もおすすめです。消化スピードが速いものを食べれば、就寝時間までに帳尻を合わせることも可能。夕食時間が不規則な方は、まず、どんな食べ物が消化スピードが速いのかを知っておくと、不眠解消にも役立てることができます。
「水晶」の浄化力で快眠できる?!枕元に水晶を入れて眠る「水晶法」
不眠を、「スピリチュアルに対応するのは非科学的」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠中のトラブルに水晶を用いるという手もあります。 もちろん、科学的に立証されているお話しではありませんが、昔から「水晶」には「邪気を払う力」があると信じられ、さまざまな「浄化作用」があるといわれています。 「水晶」が持つパワーをチャージして、快眠対策を始めるのもひとつの手です。ここでは、「水晶の効能」と「快眠に役立てる方法」について、ご紹介していきましょう。
条件反射で眠れるかも?!寝つけない人のための「入眠儀式」のススメ
不眠の悩みをかかえているなら、ご自身に合う「入眠儀式」を行うと、眠れるようになる可能性があります。 入眠儀式とは、毎日「眠る前に決まったことをすること」。これを、慣習化すると、条件反射のチカラで、自然と「眠くなる」ことができるかもしれません。ここでは、「入眠儀式」のコツをご紹介していきましょう。
「北枕」で寝ると快眠できる?!地球の磁場に体を合わせる快眠法
「北枕」は亡くなった方の寝かせ方のため、「何となく縁起が悪い」と敬遠されがちです。 これは、お釈迦さまが亡くなったときに、頭を北に向けて横たわったことによるもの。 仏教が浸透している日本では、確かに「北枕」が敬遠されるのも、無理はありません。 ところが、「北枕で寝る」というのは、「体と自然を調和させる最適な方法」だということを、ご存じでしょうか? ここでは、その理由をご紹介していきましょう。
いびき、早期覚醒解消に!舌を鍛えて呼吸を整える「あいうべ体操」
「いびき」は、寝ている間に、舌がのど奥に落ちて「気道が狭くなる」ことが原因。 これは、意外とよく知られているおハナシですが、実は、気道が狭くなると、これ以外にも起こる睡眠トラブルがあります。 その代表的な例が、「早期覚醒」と「睡眠時無呼吸症候群」。どちらも、狭くなった気道のせいで、寝ている間に呼吸困難になり、安定した睡眠ができなくなります。 これを防止するには、まず、舌を鍛えること。 ここでは、安眠するための「舌の鍛え方」について、ご紹介していきましょう。
「カラダの洗いすぎ」は不眠の元凶?!石鹸は週に2回使いで充分な理由
「毎日、お風呂に入らないと気持ち悪い!」。 女子なら、こう思うのは当然と言えば、当然です。 でも、お風呂に入るのは良いとして、体を洗いすぎると、かえって不眠の原因になるのを、ご存じでしょうか? ここでは、その理由と解決策をご紹介していきましょう。
必要な睡眠時間は血圧で決まる?!血圧が高い人、低い人の違いとは?
「約7〜8時間は必要」といわれている、睡眠時間。 実際には、5時間程度で充分な人もいれば、8時間以上寝ても、すっきりできない人もいます。そう、最適な睡眠時間には、実は、個人差が大きいのが実情です。 この個人差は、なぜ生まれるのでしょうか? 実は、その個人差が出る要素のひとつに、「血圧」が関係しているかもしれません。 ここでは、血圧と睡眠時間の関係について、ご紹介していきましょう。

TOP 眠りの基礎知識 眠れない症状いろいろ 不眠に効く食べ物 不眠に効くツボ 睡眠の豆知識